読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットプロバイダのあれこれ

インターネットの回線やプロバイダに関する知識や、関連会社が発信している情報や事業状況などをまとめている個人用ブログです。

Hi-Bitのプロバイダ!光ギガの料金や解約

前回までプロバイダーの申し込み方法やフレッツ光ADSLの料金プランについて簡単に説明させていただきました。今回はフレッツ光にちなんで、Hi-Bitのサービス、光GIGA(光ギガ)についてと、具体的にどういったメニューがあるのかまとめてみました。フレッツ光についてもうご存知の方もいるかと思いますが、フレッツ光というのはNTT東日本、NTT西日本が提供しているネットワーク回線のことです。光ギガというのはこのフレッツ光と提携したサービスのことです。NTT東日本、NTT西日本のネットワークを使用し光回線プロバイダーを簡単に一貫として使用できるようにしたのが、Hi-Bitの光ギガサービスとなります。

光ギガサービスで出来ること

それではHi-Bitの光ギガサービスで具体的に何ができるのか解説します。今までのインターネットサービスでは光回線プロバイダーを別々に契約することが主流となっていました。この場合、光回線プロバイダーのサービス内容を別々に知ることが前提でした。契約するに至っても別々であれば手間もかかっていました。しかしここでHi-Bitの光ギガサービスを利用すれば光コラボというNTT光回線プロバイダーを一括で契約することが可能です。申し込みや支払い方法をまとめて管理することが可能となり、とても楽になります。もちろん、光回線NTT東日本、NTT西日本のサービスのものなので品質も安心です。

光ギガの料金や解約について

Hi-Bitの代表的なサービス、光ギガでは既にフレッツ光を使用されている方には戸建てと集合住宅の二つのプランがあります。まず、戸建てでは『光ギガファミリー4400(光回線)』と『光ギガファミリー5300(光回線+プロバイダー)』があります。4400の方は月額4400円となります。インターネットサービスを利用する場合は別途プロバイダーの契約が必要となります。5300では月額5300円でインターネットサービスも利用できるプランとなっています。集合住宅の場合は『光ギガマンション3400(光回線のみ)』と『光ギガマンション4200(光回線+プロバイダー)』があります。3400の方は月額3400円、インターネットを使いたい場合は戸建てと同様にプロバイダーと契約する必要があります。4200は月額4200円でありインターネット使用も可能です。Hi-Bitのホームページにて確認できます。


フレッツ光をまだ使用していない方の場合、月額費用は上記と差はありません。しかし、初期費用として3000円がかかります。そしてこれとは別に工事費が発生します。この場合、工事担当者が訪問し室内に設置する場合だと24000円かかり、屋内設置を希望しない場合は9600円、工事担当者が訪問しない場合では初期工事費が2000円かかるようです。

ここで注意が必要なのが利用開始から2年以内に解約する場合には解約金が発生します。解約金として各プランなどにもよりますが、約1万円ほど料金が発生します。料金プランや請求書について随時確認を行うことをおすすめします。

Hi-Bitの光ギガを利用するとサービス情報を利用できるオプションがあります。Hi-Bitのスマサポというサービスではスマートフォンタブレットに関する相談をオペレーターが随時返答をします。その内容はメールの設定からtwitter設定まで幅広く対応が可能となっています。土日(10:00~18:00)も受け付けているので安心してご利用できます。次にWEBROOTというサービスではPCやタブレットスマホの保護を目的としたオンラインバックアップサービスを提供しています。具体的な内容としまして、オンラインストレージの利用、パスワードの一括管理、プライバシー保護などがあります。最後にHi-Bitではプロバイダ以外にもくらしあん光サービスというものがあります。こちらは日常生活で起こるトラブルに対し24時間365日サポートを行うサービスです。くらしあんサービスを利用する場合は『くらしあん光ファミリー65』と『くらしあん光マンション55』があります。それぞれ月額6570円、5570円と通常料金よりも高くはなりますが、何でも相談できるサービスはとても強いですね。

マンションや戸建てでHi-Bitのプロバイダサービスでインターネットの利用を考えている方々はご参考にしてください。