読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットプロバイダのあれこれ

インターネットの回線やプロバイダに関する知識や、関連会社が発信している情報や事業状況などをまとめている個人用ブログです。

Hi-Bitのプロバイダ!光ギガの料金や解約

前回までプロバイダーの申し込み方法やフレッツ光ADSLの料金プランについて簡単に説明させていただきました。今回はフレッツ光にちなんで、Hi-Bitのサービス、光GIGA(光ギガ)についてと、具体的にどういったメニューがあるのかまとめてみました。フレッツ光についてもうご存知の方もいるかと思いますが、フレッツ光というのはNTT東日本、NTT西日本が提供しているネットワーク回線のことです。光ギガというのはこのフレッツ光と提携したサービスのことです。NTT東日本、NTT西日本のネットワークを使用し光回線プロバイダーを簡単に一貫として使用できるようにしたのが、Hi-Bitの光ギガサービスとなります。

光ギガサービスで出来ること

それではHi-Bitの光ギガサービスで具体的に何ができるのか解説します。今までのインターネットサービスでは光回線プロバイダーを別々に契約することが主流となっていました。この場合、光回線プロバイダーのサービス内容を別々に知ることが前提でした。契約するに至っても別々であれば手間もかかっていました。しかしここでHi-Bitの光ギガサービスを利用すれば光コラボというNTT光回線プロバイダーを一括で契約することが可能です。申し込みや支払い方法をまとめて管理することが可能となり、とても楽になります。もちろん、光回線NTT東日本、NTT西日本のサービスのものなので品質も安心です。

光ギガの料金や解約について

Hi-Bitの代表的なサービス、光ギガでは既にフレッツ光を使用されている方には戸建てと集合住宅の二つのプランがあります。まず、戸建てでは『光ギガファミリー4400(光回線)』と『光ギガファミリー5300(光回線+プロバイダー)』があります。4400の方は月額4400円となります。インターネットサービスを利用する場合は別途プロバイダーの契約が必要となります。5300では月額5300円でインターネットサービスも利用できるプランとなっています。集合住宅の場合は『光ギガマンション3400(光回線のみ)』と『光ギガマンション4200(光回線+プロバイダー)』があります。3400の方は月額3400円、インターネットを使いたい場合は戸建てと同様にプロバイダーと契約する必要があります。4200は月額4200円でありインターネット使用も可能です。Hi-Bitのホームページにて確認できます。


フレッツ光をまだ使用していない方の場合、月額費用は上記と差はありません。しかし、初期費用として3000円がかかります。そしてこれとは別に工事費が発生します。この場合、工事担当者が訪問し室内に設置する場合だと24000円かかり、屋内設置を希望しない場合は9600円、工事担当者が訪問しない場合では初期工事費が2000円かかるようです。

ここで注意が必要なのが利用開始から2年以内に解約する場合には解約金が発生します。解約金として各プランなどにもよりますが、約1万円ほど料金が発生します。料金プランや請求書について随時確認を行うことをおすすめします。

Hi-Bitの光ギガを利用するとサービス情報を利用できるオプションがあります。Hi-Bitのスマサポというサービスではスマートフォンタブレットに関する相談をオペレーターが随時返答をします。その内容はメールの設定からtwitter設定まで幅広く対応が可能となっています。土日(10:00~18:00)も受け付けているので安心してご利用できます。次にWEBROOTというサービスではPCやタブレットスマホの保護を目的としたオンラインバックアップサービスを提供しています。具体的な内容としまして、オンラインストレージの利用、パスワードの一括管理、プライバシー保護などがあります。最後にHi-Bitではプロバイダ以外にもくらしあん光サービスというものがあります。こちらは日常生活で起こるトラブルに対し24時間365日サポートを行うサービスです。くらしあんサービスを利用する場合は『くらしあん光ファミリー65』と『くらしあん光マンション55』があります。それぞれ月額6570円、5570円と通常料金よりも高くはなりますが、何でも相談できるサービスはとても強いですね。

マンションや戸建てでHi-Bitのプロバイダサービスでインターネットの利用を考えている方々はご参考にしてください。

NTT.comがミャンマーにてインターネットサービスを提供【企業ニュース】

私が初めてインターネットを始めた時、ここまでインターネットが普及するとは正直思っていなかったです。いかにも機械的で大きなデスクトップ型のパソコンも現在ではとてもスタイリッシュなデザインになっていますね。スマートフォンもそうですが、どんどん薄くなったり小さくなったりしているのでいつか形がなくなってしまうのでは?と思ってしまほどです。

インターネットプロバイダーはもはや日本だけのサービスではなくなってきています。プロバイダー会社はそれぞれ海外展開をしてきています。今回はそんな中でもアジアで幅広く活動をしているNTTコミュニケーションズのニュースをご紹介します。NTTコミュニケーションズではミャンマー運輸通信省(電気通信を管理する場所)で通信サービスライセンスを取得しました。ミャンマーにも通信を管轄する通信省があるようです。アジアでは先進国なだけあって日本と同じくらい技術が進んでいるのではないでしょうか。そして、2016年7月13日からミャンマーにあるヤンゴン市内を拠点に企業向けのインターネットサービス提供を開始するようです。NTTコミュニケーションといったらプロバイダーのOCNで有名ですね。OCNは会員数が多く安定した回線で評判が高いです。そんなプロバイダーを提供しているNTTコミュニケーションですが、ミャンマーの他にシンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、ベトナムカンボジア……アジアでいうと合計七か国、インターネットサービスを提供しています。

サービスの内容としてはDigi-Pathプレミアというインターネット接続を使用します。これでメールやWEBサービスを利用することができます。

今回ミャンマーに導入した背景

ミャンマーでは多国籍企業が増えてきています。しかし一方で、企業活動において必要なIT環境などの設備が整っていません。その為、安定したサービスを欲する声が多く出ているようです。そして、NTTコミュニケーションズでは、ICTソリューションを提供してきたそうです。2013年4月では多国籍企業が数多く住んでいるヤンゴン市内の高層オフィスビル「SAKURA TOWER」内テナントに対し、安定かつ高品質のインターネットサービスを提供しました。こうした経緯により企業としての信頼や評価を多く得ることができたようです。ミャンマーでは画期的だったのではないでしょうか。こうした積み重ねにより日本の企業は信頼を得ていくのではないでしょうか。

Hi-Bit(ハイビット)の光ギガが公式LINE開設予定【企業ニュース】

株式会社Hi-Bit(ハイビット)は何度か説明させていただいている通り、インターネットプロバイダー関連事業を行っている企業です。株式会社Hi-Bit(ハイビット)の事業の一つ、光ギガは回線とプロバイダーをセットで契約し支払い等の処理が快適に済むサービスです。今回の企業ニュースでは5月にこの光ギガが公式としてLINEアカウントを開設するという内容です。では、なぜ今回LINEアカウントを作成することになったのでしょうか。

まず、このサービスの内容としては光ギガ会員に向けたサービスとなっているようです。NTT東日本、西日本が提供している光回線と、その光回線と提携しているプロバイダーをセットで契約しているお客様に向けた内容となっています。光ギガ会員はこの光ギガのLINE公式から様々な問い合わせをすることが可能なようです。そして企業よりレスが来る流れになっています。現代だと企業が公式LINEアカウントを持つことは珍しくなく、むしろ製品サービスやキャンペーンなど、LINEと提携したサービスを行う企業が多くなりました。企業のLINEを追加することにより、割引クーポンやキャラクターのLINEスタンプの入手など、特典つくことが多いです。今回の場合は電話で問い合わせをするより手軽に、また早急に対応してもらえるので、ユーザーにとっては朗報ですね。

なさそうである、インターネット関連で困った時、皆さんはどうやって改善をしていますか。私はカスタマーセンターに電話をすることが多いです。ただ、インターネット関連、Wi-Fiに関するものだと電話混雑によりなかなか電話が繋がらないことが多いです。メールフォームにしても、リアルタイムではないので忘れた頃に返事が来る、なんてことありませんか。そういった場合の対処方法を私個人の意見になりますが、ご紹介します。

インターネットで困った時、どうすれば良いのか

① カスタマーセンターへ電話……一番簡単な問い合わせ方法です。例えばプロバイダー関連であればホームページに問い合わせ先が明記されています。カスタマーセンターの電話番号へ時間内にかけてみましょう。
② 問い合わせフォームからメール……電話が繋がらなかった場合、問い合わせフォームからメールを一通送ってみましょう。ほとんどの場合、3日以内に連絡がなかった場合は再度メールをしてください、など注意事項がある為、指示に従うか、①のように電話をかけてみましょう。
③ 自分の家から近い、関連した支店に電話をかけてみる……私は①の電話が繋がらなかった時、検索をして自分の家から近い家電量販店に電話したりします。電話の繋がる確率が高くなります。上手くいけばその場で問題が解決します。

パソコンやインターネットに関する問題やトラブルはほとんどの場合、カスタマーセンターが設置されているので有効に活用しましょう。

モバイルルーター初心者の方向けWiMAX(ワイマックス)の契約

私が初めてパソコンを購入してインターネットを利用していた時代と比べ、今は快適にインターネットを利用できる時代となりましたね。当時、パソコン本体を買うことには全く迷いはなかったのですが、家電量販店で契約や説明を受けた時は回線やプロバイダーって一体何なんだ……光回線?配線繋がなきゃできないものなのか?とひたすら疑問に思ったものの、結局一番人気の回線、プロバイダーにしたなぁと昔が懐かしいです。そこから長年の月日を経て今では歩きながらインターネットが出来る環境になりました。しかも回線とプロバイダーを無料で提供している店も多く出てきました。モデムや配線無しでどこでもインターネットが出来るのです。

そして今回は前回の記事でもご紹介したモバイルルーター、モバイWifiの代表、WiMAX(ワイマックス)についてこれから購入を考えている自分の為にも詳細を書き残しておこうと思います。

WiMAX(ワイマックス)の特徴と料金

WiMAX(ワイマックス)はUQコミュニケーションズ株式会社が提供している無線回線です。UQコミュニケーションズの株主としてKDDI株式会社がある為、auLTE通信に対応しています。WiMAX(ワイマックス)自体の料金はどこの代理店、携帯キャリアと併用してもさほど変わりはありません。WiMAX(ワイマックス)にはいろいろな種類がありますが、その中でも私は断然02をおススメします。

Wifi自体は先日申し上げた通り、回線速度や安定さが断トツ優秀です。現在、WiMAX(ワイマックス)2+とWiMAXがありますが、WiMAX(ワイマックス)02にはこの二つの機能が備わっています。具体的にいうとWi-Fiを利用するエリアによって自動的に切り替えを行ってくれます。通信制限は二種類あり、月で7Gと3日で3Gがあります。このギガのレベルですが、私もパッと見て容量が分かりませんでした。よくよく調べてみると、3日で3ギガということですがよっぽどのことがない限り制限はかからないです。動画を見るにしてもダウンロードにしても、個人が日常的にインターネットを利用する分には問題ないです。月7Gでも同様のことが言えます。月の料金は3700円ほど、またキャッシュバッグのサービスもついているようなのでお得感はありますね。私は回線の速度、安定さを重視しているので、このWiMAX(ワイマックス)2+には全てにおいて完璧だと思います。あくまで素人目線になりますが。周りでも同じ機種を使用している友人がいますが、使用している中で困ったことはほとんどない、と言っています。たとえば、回線が少し遅くても良いから料金を安くしたい、となると他の無線回線を見た方が良いと思います。回線にせよ、プロバイダーにせよ、インターネットを利用する目的や自分が何を重視するのかがポイントですね。

モバイル回線、モバイルWifiルーターの仕組み

固定回線とモバイル回線について考えた時、今ではモバイル回線の方がお手軽で選ぶ方は多いのではと思います。実際モバイWifiを使用している方々は多くいます。会社でも外出先で利用している方がほとんどです。では、実際にモバイWifiって何か、ルーターの特徴など考えたことはありますか?私は今まで株式会社Hi-Bit(ハイビット)のサービスである光ギガで様々なプロバイダーを利用していました。ただ、最近外出先でもインターネットを使えないかと考えていて、家で繋いでいる光回線とは別にモバイルルーターを安いので良いから契約を検討しているところでした。その為、足りない頭で考えたモバイWifiモバイルルーターの契約について記録する為にもここに明記しておきます。

バイWifiモバイルルーターの仕組み、特徴

バイWifiのネットワークについてよく聞くのが【4G】【LTE】がありますね。これはスマホにも表示されるネットワーク回線の名称になります。そもそもモバイWifiルーターがどのように回線を繋いでいるかご存知でしょうか。WifiスマホにはSIMカードというものが挿入されています。iPhoneなど機器を購入した際に最初に本体に挿入するカードのことです。これを通じて無線で回線を確保できる仕組みになっています。現在ではLTEも4Gの回線速度もほぼ同じとされています。その中でも最近よく耳にするのが【WiMAX(ワイマックス)】と呼ばれる回線です。このWiMAX(ワイマックス)はご存知の方も多いかと思いますが、無線回線の中でも速度に関してはずば抜けて速いと評判のある回線です。無線でのインターネットの利用を考えている方にはWiMAX(ワイマックス)をおススメします。ちなみに私もWiMAX(ワイマックス)にするつもりです。というのも、先ほども伝えたようにネットワーク回線が高速で使用できること、また携帯のキャリアによって格安で使用できるプランもあります。キャリアとセットで契約することでスマホでのインターネット利用もお手頃な値段で使うことが可能です。

外出先でも使用したい、家で回線が通っていない、一人暮らしの方にはモバイWifiがおススメです。モバイWifiというと速度制限がかかるイメージがありますが、最近では制限無しで利用できるメニューがあります。自分が使用している携帯キャリアとプランを並行して確認してみてください。

個人的におススメしたい光ギガ提携プロバイダー

光ギガが提携しているプロバイダーの一部を前回ご紹介させていただきました。回線とプロバイダーを一緒に契約できる株式会社Hi-Bit(ハイビット)のサービス光ギガプランは手間もコストもかからずおすすめです。先日ご紹介した内容と一部重なるかもしれませんが、今回は私個人の意見として推奨したいプロバイダーと理由を記載します。『これから引っ越しをするからプロバイダーを変えてみたい』、『今のプロバイダーだと不満がある方々は参考にしてみてください』と考えている方は契約の際に参考にしてもらえると嬉しいです。

おすすめしたい光ギガ提携プロバイダ

1位【So-netソネット)】
ソネット株式会社のプロバイダーです。ソネットSONYグループの会社となりSo-netにける光回線はNURO光が対応しています。So-netソネット)の良いところは世界最速と言っても過言ではない回線の速さです。理由として下り回線の場合、最大2Gbpsとなり国内トップの速度です。最速の回線とウィルスセキュリティなど含んでも5000円ほどとお手頃な値段で利用することができます。また、無線LANのサービスも含まれているのです。WiMAXとなりギガ使い放題の場合は月額4500円くらいです。サポートも充実していて初心者には心強いです。ただ、So-netソネット)の場合、サービス提供エリアが他社プロバイダーとは違いあまり広くはないので、他社から乗り換える際は確認を忘れないようにしましょう。

2位【BIGLOBEビッグローブ)】
ビッグローブ株式会社のサービス、プロバイダーになります。回線自体も安定しており、速度も速いことで有名です。その為、動画や音楽などといったコンテンツをインターネットで多く利用する場合はおすすめです。大容量に対しても回線が安定しています。セキュリティ面も非常に優れています。オプションサービスでついているセキュリティチェックでも十分ですが、月額400円~500円でさらにグレードアップしたサービスを受けることができます。会員向けのBIGLOBEビッグローブ)独自のコンテンツサービスや優待なども備わっています。特に人気のあるサービスとして初回のみ無料の無料出張サービスです。パソコンの設定など不明点がある場合、直接訪問に来て問題を解決してくれます。こういった充実したサービスも人気の一つだと思います。

3位【OCN(オーシーエヌ)】
回線やネットワークサービスの大手、NTTコミュニケーションズのサービスです。光回線といえばOCN(オーシーエヌ)と言われるくらい国内契約数は№1の結果を残しています。インターネットを初めて使用する、パソコン関係が苦手な方には断然OCN(オーシーエヌ)を推奨します。私もお世話になったことが多々ありますが、サポートはもちろん設定など自宅での対応もしています。月額500円で利用できるニコニコ動画プレミアムサービスやテレビやビデオサービスも大変充実しています。24時間回線の監視を行っている為、何かトラブルが起こった際は素早く対応してくれます。


個人的な感想となってしまいましたが、おすすめのプロバイダーを3つ挙げてみました。プロバイダーを選ぶ際は料金、回線の速さ、目的、オプションサービスを特に意識してみましょう。案外自分が求めていたものがすぐに見つかるかもしれません。

光ギガを利用できる~提携のプロバイダーまとめ~

前回の記事でもご紹介させていただきましたが、光ギガというのは回線と提携しているプロバイダーとセット契約することが出来るプランです。光ギガを利用することで大きくメリットが二つあります。一つ目は回線とプロバイダー合わせて契約が出来る為、支払いやその他諸々の手続きをスムーズに行うことができます。二つ目は提携するプロバイダーによってオプションサービスを受けることが可能です。これは光回線の契約をすることにより通常より安い金額で利用できるサービスが多いです。それでは株式会社Hi-Bit(ハイビット)のサービスの一つである光ギガが提携している代表的なプロバイダーの種類をご紹介します。複数あるのでそれぞれの特徴を簡単ではありますが、説明させていただきます。

光ギガが提携しているプロバイダー

nifty(ニフティ)・・・ nifty(ニフティ)はニフティ株式会社が提供している有名なプロバイダーになります。プロバイダーの月額費用は1000円となり、フレッツ光と一緒に申し込むと5400円になります。このプロバイダーの特徴はセキュリティとサポートがしっかりとしているところです。メールアドレスも複数もつことが可能です。ブログサービスも無料となっています。掲示板やブログなどのサービスも行っており共有を目的としたものが多いです。
② BB.excite(ビービーエキサイト)・・・BB.excite(ビービーエキサイト)はエキサイト株式会社のサービスです。月の利用金額は500円となっており最安値といわれています。その代りオプションサービスはメールアドレス取得も含めほとんど有料となっています。その他にブログサービスや翻訳サービスを無料で利用することができます。
so-netソネット)・・・so-netソネット)はソネット株式会社のプロバイダーです。月額1000円で利用でき、開通月は無料になります。無料で利用できるサービスが豊富です。メールアドレスも4つ使用でき容量は無制限となっています。ソニーの関連会社であるソネット株式会社が提供しているプロバイダーなので、ソニー独自のオプションサービスを受けることができます。
BIGLOBEビッグローブ)・・・BIGLOBEビッグローブ)はビックローブ株式会社のプロバイダーになります。月額1200円になります。通信・ネットワークがとても安定しておりオプションサービスも豊富となっているプロバイダーになります。エンタメ系のコンテンツが豊富なことでも有名です。サポートセキュリティもしっかりしているので人気の高いプロバイダーとなっています。
⑤ OCN(オーシーエヌ)・・・OCN(オーシーエヌ)はNTTコミュニケーションズが運営しているプロバイダーになります。NTTということもあり、会員数は№1、国内最大と言われるインターネット回線設備となっています。回線の品質はもちろん、月500円でニコニコ動画プレミアムを利用することができます。初心者の方やどこのプロバイダーにしたら良いか悩んでいる方はOCN(オーシーエヌ)をおすすめします。

現在既に契約中の方も一回自分のプロバイダーのオプションサービスや契約内容を確認すると良いかもしれません。